読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

COLOURS

平成元年生まれのオタクの徒然日記

QUARTET NIGHT LIVE EVOLUTION ライビュレポ

※あくまで私の主観の感想です。記憶違いがある可能性が多大にあり得ます(円盤が出るまでは真偽は確かめようもありませんが)。中の人とキャラ名が混在しています。あと私は箱推しです。

 

 7:30頃、MOVIX清水着。この時点で、私の前には(多分)4~50人くらい並んでいました。ライビュ物販開始は9:00。「このへん田舎だからなんとかなるやろ~」と思わないこともありませんでしたが、何故この時間に並んだか。それはAqours 1st Liveのセノバライビュの物販10時開始に9時に並んで惨敗したからです(ブレード欲しかったけど、ブレードどころかタオルすらないという売り切れ続出状態でパンフしか買うものがなかった)。その時は「あと30分くらい前に並んでればぎりぎり買えたかなぁ」という印象だったので……。まぁ結果的には今回も若干負けましたが。因みに、ドリプラの列は二階外側(隣接立体駐車場からドリプラに至る通路から丸見え)、セノバは映画館の一階下のエスカレーターから、外に向かって列が作られていました(私は外に並んで寒かった)。

 

 9:00頃映画館への入り口が開くも、普通の映画客から優先入場(そりゃそうだ)。追い越し禁止でそのままの列で、普通に映画館のグッズ売り場まで行き、買えるまでひたすら待ちます。レジは2つ、うち1つは普通客優先。買えたのは10:40頃。バングルライトやトレーディング系は全部売り切れ、他のものも私の前で次々とラス1になる状態。私はタオルとパンフと藍ちゃんのブローチを無事購入。売り切れ方から行って、「これキャラごとに個数違うんじゃない?」と思いました。真偽はわかりませんが。あとなんとなく、来ているお客さんは嶺二と蘭丸ファンが多いような印象がありました(見えるグッズ的に……)。Twitterで追う限り、セノバの方が完売が早かったです(レジが多かった可能性は否めないけれど)。そろそろうたプリも、事前通販やってほしいですね本当に。事後通販ってどれくらい売り上げるんだろう。

 

 地の利を活かし、その後は普通に家にもどって時間を潰し、いざライビュへ。20分前くらいにチケットのもぎり?列に並びましたが、普通に入れました。一番大きいスクリーンでやったからかと。他の映画を観る人がうっかり並んで「まだ入れません」と言われている様を何回か見ました(なんかごめん)。私は多分後ろから4列目?くらいでめっちゃ眺め良かったです。傾斜角度的に、前に座ってる人達のライトが見えない感じだったので、最高でした。

 

 OPは、パンフ写真撮影したところで撮ったOPムービー。森久保さんが車のキーをチャラチャラさせながらビートルに乗り込む。蒼井くんが海辺のコンクリの道路のベンチで読書しながら森久保さんを待ってて、合流して一緒に乗り込む。めっちゃ長い高級車で英字新聞を読んでいる前野さん(眼鏡)。車窓から見えるのはベースを背負った達央さん。達央さんが道端の猫をゴロゴロしていて黄色い悲鳴が上がっていました。あれは確かにかっこよかった。というか今回、写真も動画も全員イケメンに見える角度でしか撮られていません。カメラマンさんめっちゃグッジョブ。

 

 全員曲から始まりましたが、森久保さん、蒼井くん、達央さんは画面に登場すると皆の反応は「知ってるー!かっこいいー!」でしたが、前野さんだけ「!????????????」でした。超絶かっこよかった。ヘアメイクがパーフェクトでした。髪色も色めっちゃ薄いカラコンも素晴らしかった。パフォーマンス的にもMVPでした。皆素晴らしかったけど、前野さん群を抜いてた。初登場時に比べると「ほんと……頑張ってるんだな……」と思って泣けてきます。なんなら前野さんを観るためだけに円盤が欲しいとすら思えるくらい。あと絶対やらないけど(貧乏なので)、「チケットのためにCDを10枚くらい積むべきだったかな」と後悔しました。

 セトリに関して、飽きさせない感じになっていました。1人が2曲連続でソロを歌うことはありませんでした。ステージの左右にある花道?の端っこにリフトアップする足場があって、あの目の前の人死んでるんじゃないかってくらい近くで観られたと思います。2階席の人も多少は近くなったんじゃないかなぁ。あと1階席の真ん中あたりにも足場があって、そこで何回か歌ってくれたので、現地の方は感動しっぱなしだったのではないかと(臨場感ありすぎてライビュの私も感動してた)。プリライでやったことある曲に関しても、パフォーマンスが進化していたと思います。一緒の振りだからこそわかる成長……。また感動……。

 森久保さんはやっぱりマラカス曲が楽しかった。『キスはウインクで』めっちゃ好きですありがとうございます。トークの最中も、「応援してくれてありがとう!カルナイ大好き!スターリッシュもうたプリもありがとう!カルナイ最高!」というようなことを何回も何回も言ってくれて、とても嬉しかったです。

 蒼井くんはやっぱり麗しかった。多分カラコンしてたと思うんだけど、瞳がめっちゃ綺麗でした。一番印象に残ってるのは『Winter Blossom』。言わずもがなのゲーム曲。イントロをピアノ生演奏。何小節か弾いて唐突にやめて立ち上がり、藍ちゃんの声で「笑って?」とにっこり。ご要望通り笑ってしまいました。これぞうたプリ感。ほんとは「ぼくがいなくなっても泣かないで、笑って?」なのにね(笑)

 達央さんはいつも以上に全力全開でした。歌ってる最中はずっと蘭丸らしい厳しい顔で、笑顔も挑発的なものばかりで。めちゃくちゃカッコよかった。トークで、前回のプリライで負傷してしまった件を結構長々と謝罪されました。私は当時、初めてプリライのチケットがあたって一日目、一階席で謝罪を目の当たりにしていたので、なんだかとても感極まってしまいました。カルナイみんなでわちゃわちゃ話している時、それでもやはり謝罪前までは笑顔がちょっとだけぎこちなかったのですが、謝罪後は本当にふにゃっとした感じの笑顔になっていて、心から良かったなぁと思いました。あと画面に出る歌詞のフォントが極道みたいな筆文字でなんかすごかった。ちゃんとダンサーさんを引き連れていました。なんかこう、「極道の若頭みたいだなこの人……」と思った。何かの曲で、自分より背が高いダンサーさんを顎クイしていて、なんだかエロスが迸っていました。

 前野さんの進化っぷりはすさまじい。やったことある曲の振りはキレッキレだし、歌もうまくなってるし、ビジュアルも最高になってるし、なんかもう……。言葉が出ません。うたプリ愛もすごい。愛が溢れてる。「この人カルナイで一番オタクっぽいよな」などと思っていた過去の自分の頭をはたきたい。真剣なんです。愛に溢れているんです。『Double Face』神がかってたしドットイメージも魔法っぽくて綺麗だった。一番感動したのに言葉が出ない。香水の件はパンフにも載っています。あと細かいんだけど、最初頑なに「蒼井くん」って呼んでた前野氏が、「翔太」ってナチュラルに呼んでいて、なんかこう、感動……。

 リーダー森久保さんがメンバーを評して、「翔太は綺麗な見せ方をオレ達に教えてくれる。翔太がオレ達をアイドルにしてくれる。タツはオレ達の中で一番熱い。オレ達を引っ張り上げてくれる。前野は一番真剣で、一番努力家。暇さえあればひたすら練習している」とおっしゃっていました。

 全員曲で印象的だったのは『Starlight Memory』。マイクスタンドパフォーマンスしたんですよ!カッコよさしかない。あと合間に今までのプリライの映像や、パンフとムービーのメイキング映像があって、ノンストップな3時間でした。

 最後の曲は私がカルナイ曲で一番大好きな『You're My Life』。達央さんが「森久保さんが『KIZUNA』で泣くなら、オレはこれ。めっちゃ好き」とおっしゃていました。「ロマンチストだなぁこの人」と思った。やっぱり素晴らしかった。EDでは皆泣いてました。終わりたくないって。私たちもだよ!!!!

 

 開演は17:00、ライビュ終了は20:10でした。映画館のサイトに終了21:00って書いてあったけど、最大でだよね。うん知ってた。ちょっと期待した。

 

 長々と書きましたが、結論は「早く円盤出してください」です。