COLOURS

平成元年生まれのオタクの徒然日記

真剣乱舞祭2017覚書・上・公演以外

 真剣乱舞祭2017 国内千秋楽に行って参りました。昼公演と夜公演をそれぞれ同行の友人同士で当てていたので、最終日に両公演を観ることが叶いました。嬉しきかな

 

 午前中の新幹線で予定通り東京へ向かい、KITTEの和食屋さんで昼食をとりました。東京駅を眼下に見ることができる良いお店です。

 

 12時半頃、さいたま新都心に到着。二度目のたまアリ。前回はプリライ初日、始発で降り立ち、人込みが物凄くて自分の足で歩かなくても前進するという中々貴重な体験をした場所ですが、今回は普通に降りました。なんなら電車で座ってさえいました。

 平日の真昼間ということで、物販そんなにいないんじゃないかなーと思っていましたが、甘かった。「これは、並ぶと昼公演が開場してしまうぞ」と思うくらいの列。諦めて、会場内物販チャレンジ。これが成功でした。あまり並ばず、結構スムーズに買えました。無事、パンフとペンラと石切丸様のタオルをゲット。その後、お手洗いに行って帰って来たら、列が大分伸びていたので驚きました。そして、自分の席について、ペンラの動作確認をしたら、まず、電源がなかなか入らない。入ったと思ったら、光がめっちゃ不安定。友人も同じものを買っていたので、見比べましたが、安定感が雲泥の差。まだ開演まで時間があったので、慌てて物販ブースへ舞い戻ることに。先程より更に伸びた列に慄きましたが、そこらへんにいたスタッフさんにきいてみたところ、「並ばなくても物販係の人に直接言ってもらえば大丈夫だと思います!」との有難いお言葉。その頃には、つけっぱなしのライトが消灯しておりました……。そこで物販整理係の人に突撃。物販レジ係のお姉さんとの直接交渉に突入。

「つけてると10秒くらいしたら消えちゃうんですけども」

 お姉さんが点灯。さっきよりちゃんと点く。やっぱりな(私の不運フラグは大体こうなる)。

「光が不安定ですね!交換します」

 お姉さんまじありがとう。それだよそれ。確かにリアル蝋燭っぽい光だけど、ペンラにそんなものを求めてはいない。

 という訳で、レシートのない物販だったので、申告したら普通に新品と交換して頂けました。その場で動作確認して下さいと言われたけれども。

 

 

 昼と夜公演の間に、会場内物販で買えなかったものをゲット。列も大したことはなく、とてもスムーズでした。現金精算だったけどレシートをくれたので、びっくりした。時間帯のせいなのかわかりませんが、200レベルの一部を物販スペースにしていました。プリライはその階下の小ホールみたいなところで物販していたので、なんだか不思議な気分。そしてやっぱり、プリライに倣って買い物袋をつけてくれる、ということはありませんでした。まぁ普通そうだよね。

 しかも、新都心付近、たまアリと逆側にある大戸屋で夕食を摂ることに成功。順番待ちは名前を書く式でした。「意外とここに人来ないのね」と思っていたけれども、食べ終わって出てきた頃にはやっぱり列が増えていました。

 

 帰りも普通に電車に乗れてびっくり。やっぱり、昼も夜も席が200レベルで出入り口に近いことが功を奏した乱舞祭でした。

 

 

 余韻に浸りたかったので、一泊して帰りました。上野に泊まって、アメ横も散策しました。アメ横、小さなお店がいっぱいで、異国情緒があってとても面白かったです。またいつか行こう。